葬儀には色々なスタイルがある

社葬に関して

葬儀にもいろいろと種類があるのですが、その中の1つに「社葬」という葬儀があるのを御存じでしょうか?社葬とは、社長をはじめ役員、会社の発展に貢献した人などが亡くなった際に遺族と会社が共同して行う葬儀のことを言います。社葬は、遺族から申し出るということはしません。

 

 

会社の方から依頼があって初めて社葬にするかどうかを決めていくことになります。また、社葬となった場合は社員たちも全面的に協力しなければいけません。受付を任せられることもあるかと思いますが、取引先関係者などが弔問に来られる場合も十分に考えられます。受付で失礼のない行動を心がけてください。もちろん、同僚などと話をするのはやってはいけない事です。

 

 

社葬となると香典を事前にお断りしてある場合があります。しかし、中には連絡をしているにも関わらず香典を差し出そうとする弔問客もいるかもしれません。遺族は、香典をお断りしている以上、その弔問客が故人とどれほど親しかった人でも受け取らないのがマナーです。葬儀には供花を飾るのが基本ですが、社葬となればかなりの数が送られてくることが予測できます。供花を並べる順番は祭壇から最上位・上位の順に並べられます。

 

 

焼香に関しては、会社関係の社員たちは一般会葬者が済んでから行うようにしましょう。一般会葬者たちの焼香が終わるまで会場の末席で待機しておきます。葬儀中に取引先関係者に会ったとしても長々と話しこむのはマナー違反です。これから先の取引のことも考えますが、今の状況は葬儀中だということを忘れてはいけません。

 

地域性のある葬儀は難しい

冠婚葬祭は昔から伝わるしきたり、ルールというものがあります。地域によってそのルールが異なってくるので、遠方の方の冠婚葬祭に出席する際は注意が必要となるのです。特に葬儀に関しては、気をつけましょう。例えば火葬が終わってから葬儀が行われたり、葬儀終了後に香典を差し出すようになっている地域とさまざまです。知らない土地での葬儀は、知らない事ばかりなのが当然です。親族の葬儀であれば、知り合いがいると思うので分からない事があれば聞いた方が良いでしょう。

 

 

しかし、友人の葬儀であれば知らない人ばかりだというケースが多いですよね。その際は、不安が大きいかと思いますが周りの状況を見ながら行動するようにしましょう。地域性が出るのは何も葬儀中だけではありません。香典返しにも即日返しと後返しの2通りあるのです。即日返しは香典を差し出したらすぐにお返しが返ってくること、そして初七日法要が終わったころに送られてくるのが後返しです。即日返しの場合、受付にて香典を差し出したらすぐに渡されるようになっています。後返しが基本となっている地域で即日返しをするときっと疑問に思われるかもしれませんね。ちなみに即日返しの場合は、香典の金額関係なしに同じ品物が入っています。御夫婦で弔問に来られた方は、香典が1つであれば香典返しも1つです。

 

 

「2人出来たから2つちょうだい」というのは、会葬御礼の品と間違ったのかもしれませんがもちろんマナー違反ですよね。地域性のある葬儀は、ある程度の知識を身につけておかないと恥をかいてしまうこともあります。自分の地域のことだけ知っていれば大丈夫…という考えもどうでしょう?この機会に是非、葬儀に関する情報を集めてみてはいかがでしょう。

初めての体験

私が体験した少し風変わりな葬儀をご紹介します。
それは6年程前でしょうか、私の祖父が亡くなった時に行われた葬儀のことです。

 

大人になってからの葬儀は初めてで、私はマナー等もよくわかっていませんでした。
身内なのでなんとかなるだろう。両親や親戚も多くいるし、同じようにしていれば大丈夫と思っていました。
3列目くらいにいたのですが、前から何かが送られてきます。

 

「これは男の人ね」

 

小声で囁かれた言葉に目がキョトン。

 

「志村けんのだいじょうぶだぁ」とかで見た、白い三角の頭に巻くものだったからです。

 

隣にいた兄も困り顔。装着。

 

そして、次に送られてきたのは、箱に入った5cmくらいの藁のようなもの。

 

「これは女性だからね」

 

 

 

・・・え・・これは・・

 

 

 

不思議に思っていたら、母も叔母もみんなその藁のようなものを頭に乗せているではないですか!

 

嘘でしょ。

 

風が吹いたら飛んじゃうよ。タヌキが変身で頭に葉っぱを乗せるみたいじゃない。

 

そのまま葬儀が始まります。笑ってはいけないのに完全に笑える状況。

 

前に座っていた従姉の頭からその藁が落ちそう。ダメだ。肩が震える程可笑しくなってしまう。

 

私の頭からも落ちそうなんだろうな・・。

 

色んなことを考えてしまい、全く集中出来ませんでした。

 

後から両親に聞いたら、これは昔からの風習。何も不思議には思わなかったとのこと。
むしろ「他ではやらないの?」と・・。

 

なんだか慣れってこわいですね。きっと両親も最初は笑ったであろうに、いつの間にやらこれが当たり前に。

 

葬儀はなければないでこしたことなのですが、大変貴重で教訓になった体験が出来ました。

 

賑やかなことが大好きだった祖父と華やかに祖父を見送りたいという両親の思いで、多くの方に参列頂き、祖父もきっと天国で喜んでいると思います。"

おすすめリンク

横浜の葬儀なら神奈川メモリアル
http://www.kanagawa-memorial.com/

町田市で葬儀なら東武セレモニー
http://www.tobu-ceremony.co.jp/